韓国で筒井康隆氏への反発が拡大 慰安婦像に侮辱呼び掛け?

 作家の筒井康隆氏が自身のブログなどで韓国のソウルや釜山に設置された慰安婦像に性的な侮辱行為をするよう呼び掛ける内容を記したとして、韓国で反発が拡大している。筒井氏の作品を扱う出版社は7日、昨年12月に翻訳出版した著書を絶版にすると表明した。韓国メディアも「妄言」と一斉に非難している。

 筒井氏は7日までに、釜山総領事館前の像設置への対抗措置として一時帰国していた長嶺安政駐韓大使がソウルに帰任することに絡み「長嶺大使がまた韓国へ行く。慰安婦像を容認したことになってしまった」と主張。「あの少女は可愛いから」とした上で、侮辱を促すようなことを書いた。ツイッターでも同じ文章を書き込んだというが、既に削除されている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ