北ミサイル 韓国大統領選で“北風”吹かず 鈍い対北危機意識

 保守系に有利に働く選挙前の“北風効果”は現在の韓国では死語に近いものとなっている。軍や外務省をはじめ韓国政府では危機感を強めているが、世論にはそれが伝わっていない。北朝鮮が核実験をしようがミサイルを発射しようが、一般国民には現実感が伴っていない。

 こうした現状に第三者の間では「北からの攻撃と被害を実際に受け、初めて現実に気付くのではないか」(ソウルの外交筋)との冷めた見方も少なくない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ