駐韓大使帰任へ それでも慰安婦像撤去に向けた動きは見えず

 【ソウル=名村隆寛】長嶺安政駐韓大使のソウルへの帰任について、韓国外務省報道官は4日の定例会見で「韓日は重要な隣国で、さまざまな国際問題で共助することが多い。帰任を機に両国の意思疎通と協力を通し、より進んだ関係に発展していくことを期待する」と述べた。

 長嶺氏の帰任理由について岸田文雄外相は、「慰安婦問題をめぐる日韓合意の順守を黄教安(ファン・ギョアン)首相(大統領代行)に求めること」を挙げた。これについて報道官は「日本側から公式に要請があれば、黄首相との会談などは総合的に考慮し韓国政府が判断して決める」と説明。帰任をめぐり日韓での事前協議がなかったことも明らかにした。

 釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が違法設置されたことへの対抗措置で長嶺氏が帰国し、予想外の日本の強い態度に当惑していた韓国政府だが、ようやくの長嶺氏の帰任に対し安堵(あんど)がうかがえた。ただ、慰安婦像撤去に向けた動きは見られない。

 長嶺氏の帰任について韓国では、慰安婦や教科書の問題などに注文をつけつつも「遅くなったが幸いなことだ」(東亜日報社説)と評価する向きもある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ