トランプ政権 メルケル独首相と初の首脳会談 NATO加盟国に「公平な負担」要求

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は17日、ホワイトハウスでドイツのメルケル首相と初会談した。トランプ氏は会談後の共同記者会見で、北大西洋条約機構(NATO)への「強い支持」を表明した上で、加盟国に軍事費の「公平な負担」を求めた。

 両首脳はこれまで、難民・移民問題や欧州連合(EU)政策などをめぐり相手を批判してきた経緯があり、会談では協調を確認できるかが注目された。

 NATOは加盟国の軍事費支出を国内総生産(GDP)比2%以上にする目標を掲げるが、大多数の加盟国が達成できていない。メルケル氏は、ドイツは目標達成に向け軍事費を増大させたと指摘。また、トランプ氏との会談では「意見の異なる分野で互いに好ましい妥協点を探った」と述べるなど、前向きの会談だったことを強調した。

 しかし、難民・移民問題では、トランプ氏が「移民は特典(として受け入れ国が認めるもの)であって、権利ではない。わが国民の安全が常に第一だ」と主張したのに対し、メルケル氏は「移民に人生を築く機会を与えていくことも必要だ」と語るなど、立場の溝の深さをうかがわせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧