金正男氏 最期の言葉「痛い、痛い」 顔ゆがめ、絶命

 北朝鮮の金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシアの中国語紙、中国報(電子版)は17日までに、正男氏がクアラルンプール国際空港で女2人に襲われた直後、近くのサービスカウンターに助けを求めて「痛い。痛い。何か液体をかけられた」と訴えていたと報じた。

 正男氏の顔は苦痛でゆがみ、その後は苦しそうなうめき声を上げることしかできなかったという。スタッフが空港の診療所まで付き添ったが、正男氏は意識を失い、空港近くのプトラジャヤの病院に救急搬送中に息絶えた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧