金正男氏殺害 曽我ひとみさん「拉致問題に悪影響ないこと祈る」

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)がマレーシアで殺害された事件について、北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(57)=新潟県佐渡市=は17日、「個人的なことなので何ともいえないが、拉致問題に悪い影響がないことを祈るだけだ」と語った。同県庁で記者団に答えた。

 平成10年に行方不明となった同県長岡市の特定失踪者、中村三奈子さん(37)=失踪当時(18)の母、クニ(73)さんも「今回の出来事が本当に正しい情報であれば、とても耐えられない。そういうところに拉致被害者がいるということで、家族の皆さんは苦しい思いだろうし、一刻も早く助け出してほしい」と話した。

 曽我さんは昭和53年、新潟県真野町(現佐渡市)から母親のミヨシさん(85)=拉致当時(46)=とともに北朝鮮に連れ去られ、平成14年10月に帰国した。ミヨシさんの安否は分かっていない。

 この日、曽我さんは拉致被害者の救出活動に取り組む4つの団体とともに県庁を訪れ、政府に働きかけるなど拉致問題の早期解決に向けた取り組みの強化を米山隆一知事に要望した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ