北朝鮮情勢 日本の防衛衛星めぐり「二重の物差し」と米を非難

 北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、日本の防衛省が初めて運用する通信衛星「きらめき2号」が打ち上げられたことについて、米国が「二重の物差し」で黙認していると非難する論評を配信した。

 論評は「われわれの平和的衛星打ち上げは挑発と罵倒し制裁を騒ぎ立てる米国が、日本の軍事衛星打ち上げには一言もない」と指摘。「自分たちがすることを他国はしてはいけないという強盗まがいの論理だ」と反発した。

 国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議は、北朝鮮による弾道ミサイル技術を使った全ての発射を禁じている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ