トランプ次期大統領 リーク文書問題で情報長官と電話協議

 トランプ次期米大統領とクラッパー国家情報長官は11日夕、ロシアがトランプ氏の私生活の弱みを握っているとする文書の存在が報じられた問題を巡り、電話協議した。クラッパー氏が声明を出した。

 元英情報機関要員が作成し、米情報機関が信ぴょう性を精査しているとされる文書をニュースサイト「バズフィード」などが報じ、トランプ氏が11日昼の会見で「米情報機関がリークした」と不快感を示していた。

 クラッパー氏は声明で「米情報機関が作成した文書ではなく、そこから流出したものではない」と強調した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ