中国で日本アニメの快進撃支える「禁韓令」 コンテンツ締め出し

 THAAD配備報復で韓国作品締め出し

 日本のアニメ映画「君の名は。」が巨大な映画市場を抱える中国でも快進撃を続けている。海外作品の上映本数が制限されている中国では、検閲や改編で公開まで長期間を要するのが一般的だ。同作品が早期公開に至った背景には、韓流映画を排除する「禁韓令」など中国側の政治的な思惑も見え隠れする。(北京 西見由章)

 公開後初の週末となった3日午後、北京市中心部のシネコンでは若者を中心に7割前後の席が埋まった。20代男性は「映像も美しかったが、なにより脚本が素晴らしい」と完成度の高さを絶賛。「もう一度、一人でじっくり見たい」(20代女性)とリピーターの多さを予想させる声もあった。

 中国の映画専門サイト「猫目電影」によると公開6日目となる7日現在の興行収入は3億5千万元(約58億円)を超えた。ユーザーによる平均評価も10点満点で9・4点と公開中の作品ではトップで、当面勢いは衰えそうにない。

 同作品のスムーズな公開には中国の政治状況も影響している。映画専門誌「影視圏」(電子版)によると、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐり日中間の緊張が高まった2013、14年に公開された日本映画はゼロ。一方、今年は「君の名は。」を含め10本に上り、うち8本がアニメ作品だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ