人気過ぎるポケモンGOが世界各地で大騒動 マナー違反、強盗被害も…

 【ワシントン=小雲規生】米国などで人気が過熱しているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が世界各地で騒動を引き起こしている。ゲームキャラクターを集めるために現実の街中を移動する利用者たちによるマナー違反への懸念のほか、犯罪に巻き込まれるケースも判明しているためだ。一方では開発に関わった任天堂の株価が急騰するなど、経済面でのインパクトにも注目が集まっている。

 「神聖な場所でポケモンGOを遊ぶことは適切だとは思えません」

 バージニア州内にあるアーリーントン国立墓地は12日、ツイッターで利用者に対してポケモンGOで遊ぶことを控えるよう呼びかけた。ワシントン市内の「ホロコースト記念博物館」もメディアの取材に対して、「ナチズムの犠牲者を追悼する施設でゲームをすることは極めて不適切だ」と表明している。

 ヨーロッパの報道では、オランダのアムステルダム大学付属病院で、ポケモンGOの利用者が立ち入り制限区域に入り込む問題が相次ぎ、病院内でポケモン探しをしないよう訴えた。

 同院はツイッターに「病気のポケモンはわれわれがお世話をするから、面会に来ないで」と書き込んだ。

 ポケモンGOでは、各地のランドマークとして知られる施設がゲームで利用できる道具を入手できる場所や、ポケモン同士を戦わせる場所として指定されている。このためスマホの画面を見つめた利用者たちの格好の目的地となっており、施設の本来の目的そっちのけでゲームに興じる利用者たちのマナー違反への懸念が拡大している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ