北朝鮮の通常兵器は「鉄の棺桶」 残された戦法は「核口撃」だけ? 

 【野口裕之の軍事情勢】

 北朝鮮の朝鮮労働党創建70周年を祝う2015年10月の軍事パレード映像を再点検し「秘密兵器」を探した。ふざけ半分で疑ったのがT-34戦車。朝鮮戦争(1950~53年休戦)緒戦で米韓軍に犠牲を強いた手ごわい戦車であった。当時の軍装をまとった将兵も行進し時代絵巻を演出したが、T-34は今なお“実戦兵器”である。予備役用の300両待機には驚かされる。一応疑ったのはほかでもない。

 北の金正恩第1書記は今月9日、国営メディアを通し「核弾頭の小型化成功」を強調した。ウソであろうが、少なくとも開発進捗は確か。原爆技術を持つ“軍事先進国”が、米韓軍の最新兵器の餌食と成る「鉄の棺桶」、北崩壊後はマニアが収集に殺到する「動く骨董品」と揶揄される通常兵器を運用するキテレツな図式ではあるが、デジタル化など改良・延命措置を施した可能性はゼロではない。

 実際、米空軍のB-52戦略爆撃機は、運用開始以来60年以上現役。北朝鮮の4回目の核実験を受けた1月10日には、韓国上空を威嚇飛行した。しかし、北朝鮮の場合「核口撃」を展開するほど、通常兵器の「棺桶度」を自白してしまう。

 例えば、国防委員会は米韓共同演習開始の今月7日、「核戦力を中枢に据える強大な軍事的威力を誇示する総攻勢に立ち上がる」と表明した。北朝鮮軍は「核戦力を中枢に据える軍事的威力」しか「誇示」できぬのだから、ムベなるかな。金氏も「実戦配備した核弾頭を発射できるよう、常に準備しなければならない」と命じた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧