【朝鮮半島ウオッチ】北朝鮮の危険度ナンバーワン、金英哲という人物…韓国の警戒態勢はMAXレベルに

 金正恩氏が核ミサイルに続き韓国にテロを仕掛ける可能性が高まった。この挑発の総責任者が昨年暮れに死亡した金養建氏の後任、金英哲統一戦線部長だ。金英哲氏は金正恩体制が起こしてきたテロ事件の首謀者だ。軍の特殊機関で最強部隊の偵察総局を率いてきた強硬派の代表格。北朝鮮軍部で最も危険な存在で、かつ金正恩氏の信頼が厚いことでも知られる。朝鮮半島では3月7日から4月末まで史上最大級の米韓合同軍事演習が行われる。実戦さながらの緊張に北朝鮮が対抗してくるのか。韓国は最高度の警戒態勢を取る方針だ。

 ■危険度ナンバーワン、金英哲という人物

 金英哲氏は1月中旬、党の対南(韓国)部門、統一戦線部の部長に就き、同時に上部組織の党中央委員会、対南担当書記にも就任した。対南テロの司令塔の大昇進人事に韓国は緊張した。兆候は昨年12月から確認されている。

 1月初旬の核実験直前に韓国の列車制御装置(ACT)開発会社が何者かにハッキングされた。金英哲氏率いる北朝鮮の偵察総局の仕業だった。ミサイル発射後、韓国は制裁措置で開城工団の操業中断を北朝鮮に通告、これに猛反発した北朝鮮は、即座に開城の資産を凍結、韓国人の人員追放を行ったが、いずれも金英哲氏の指示とみられている。

 これだけではなかった。韓国情報当局の調べで、「金正恩第1書記が最近、対韓国テロための能力結集を指示、偵察総局が準備している」ことが判明した。この指揮を、対南総責任者の金英哲氏が執ることが明白になった。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧