パリ同時多発テロで襲撃の米ロックバンドが活動再開 ボーカルは「複雑な心境」

 パリ同時多発テロから3カ月を迎えた13日、最多の約90人が犠牲となったバタクラン劇場で襲撃発生時に演奏していた米ロックバンド「イーグルス・オブ・デス・メタル」が、テロ後初となるコンサートをスウェーデンの首都ストックホルムで開いた。16日にはパリで開く予定。

 ボーカルのジェス・ヒューズさんは13日、スウェーデンのテレビ局「TV4」のインタビューに応じ、ステージに戻ることは「複雑な心境」と吐露。テロ当時を回想して「心の中に重苦しいものがある」と語り、涙を流して言葉を詰まらせた。

 テロ後、バンドは予定されていた公演を中止。昨年12月にパリで開かれたアイルランドの人気ロックバンド「U2」のコンサートにゲストとして登場した。13日の公演を皮切りに8月下旬までのツアーで欧州や米国などを回る。

 昨年11月13日のテロでは、重武装した容疑者3人が劇場で銃を乱射し、聴衆らを人質に立てこもった後、自爆した。(共同)

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧