台湾出身アイドルを謝罪に追い込んだのは、中国に抑え込まれる韓国の「自画像」ではないのか?

 【桜井紀雄が見る劇場型半島】

 台湾出身の韓流アイドルが「国旗」(青天白日満地紅旗)を振ったことで中国から「独立派」と攻撃され、謝罪に追い込まれた問題は、韓国で大きな波紋を呼んだ。謝罪を強いた芸能事務所には「未成年者虐待だ」と非難が殺到。リスクを考えずに13億人の中国市場に前のめりになる韓流ビジネスの危うさも浮き彫りにされた。朴槿恵(パク・クネ)大統領が中韓蜜月を演じながら、核実験を強行した北朝鮮への対応では袖にされたことも相まって、中国に翻弄される自国を“か弱きアイドル”の境遇に重ねる自虐論も登場した。

■「中国に魂売った」屈服した事務所に自国からも非難の嵐

 「間違った行動で、両岸(中台)のネットユーザーの感情を傷つけました。真剣に反省しています。もう一度、もう一度、皆さんに謝ります。ごめんなさい」

 1月15日深夜にアップされた動画で、青ざめた表情で深々と頭を下げたのは、韓国の女性グループ「TWICE」の台湾出身メンバー、周子瑜さん(16)。愛称は「ツウィ」だ。

 産経ニュースでも詳しく伝えられたため、詳細な経緯は省略するが、発端は、韓国のテレビ番組に関連したインターネット中継で、韓国旗と一緒に、中華民国(台湾)の「国旗」として扱われる青天白日満地紅旗を振った場面が映し出されたことだ。昨年11月に流れたものが、台湾出身の男性歌手の告げ口により、中国本土のネットユーザーの間で「台湾独立派だ」とのバッシングが巻き起こった。

 所属する韓国の大手芸能事務所、JYPエンターテインメントの釈明でも騒動は収まらず、別の所属芸能人の中国での活動キャンセルも伝えられた。結局、本人が謝罪の場に引き出された。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧