4億円宝石強盗犯は、美人モデルだった…タンクトップに「ワルツの足取り」で銃突き付け、自宅で悦に

 【ニューヨーク=黒沢潤】あるときは青いスカート姿、あるときはスポーティーな白のタンクトップ姿で-。米南部5州で昨春から、合計6件、時価総額約400万ドル(約4億7000万円)相当の宝石強盗を繰り広げていた若い女が最近逮捕され、11日、出廷した。米メディアによれば、女は私生活や仕事などの様子をインターネット上で発信していた美人モデル。米社会は意外な人物の犯行に衝撃を受けている。

 女は、南部ジョージア州出身のアビゲイル・ケンプ被告(24)。昨年4月下旬、銃を振りかざしながら同州ウッドストックの宝石店を襲った後、8月に同州内とフロリダ州、9月にサウスカロライナ州、10月にテネシー州、今年1月4日にノースカロライナ州の宝石店を次々と襲った。

 米連邦捜査局(FBI)によれば、被告はいずれも「ワルツでも踊るような軽い足取り」(米メディア)で入店した後、隠し持っていた銃を店員の頭に突き付けたという。店奥で腹ばいにさせ、手を縛って身動きを封じた上で、高級時計やダイヤモンドなどを次々と奪い取った。

 FBIによれば、被告は指紋を残さないよう、黒い手袋をはめて犯行に及んでいた。強奪した豪華な宝石類を自宅などで身に付けては悦に入っていたという。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧