北朝鮮核実験 水爆実験は金正恩第1書記への“誕生日プレゼント” 中国ニュースサイト

 【北京=川越一】中国の大手ニュースサイト「新浪網」は6日、北朝鮮の水爆実験について、1月8日に33歳の誕生日を迎える金正恩第1書記への「贈り物」との見方を伝えた。

 同網は「北朝鮮が核実験の期日を選ぶ上で、2009年5月25日の2回目の核実験を除けば、一定の法則がある」と指摘した。

 同網によると、06年10月9日の最初の核実験は、10月10日の朝鮮労働党建党記念日の1日前だった。13年2月12日に3回目の核実験を行った際は、11年に死去した金正日総書記の生誕記念日「光明星節」を4日後に控えていた。

 同網は「今年の核実験のカギとなる日は2日後の1月8日。すなわち北朝鮮の最高指導者、金正恩第1書記の誕生日だ。言い換えれば、試験の目的の1つは、指導者への献礼だ」だと伝えている。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧