朴大統領の妹「正論」炸裂 舌鋒鋭く韓国批判 ネット民激怒「日本に移住しろ」

 朝日新聞が慰安婦問題の大誤報を認めた後も、日本の謝罪と賠償を求める朴政権の姿勢とは180度異なる。

 韓国による対日謝罪要求についても、「全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領が訪日した際、首相よりはるかに重要な天皇(陛下)が頭を下げているのに、なぜ(日本の)首相が替わるたびに謝れと言うのか」と、韓国の対応を批判。「日本は韓国の経済発展の基になることをたくさんしてくれたのに、被害意識だけ抱いていては国益にならない」と発言した。

 そのうえで、「北東アジアの平和実現のために日本は親しく付き合わなければならない隣国であり、解放前の“親日”と解放後の“親日”では概念が違う」と強調した。

 まったくの正論である。もし、槿令氏が韓国大統領なら、日韓関係は急速に好転しそうだ。

 槿令氏は現在、社団法人「韓国災難救護」の総裁を務めている。朴氏は2013年に大統領に就任した後、槿令氏や実弟の志晩(チマン)氏を大統領府から遠ざけ、関係が疎遠になったという。槿令氏の結婚に朴氏が反対したとも伝えられ、ある財団をめぐる詐欺事件で、槿令氏が罰金判決を受けたとの報道もある。

 槿令氏の発言について、韓国メディアは「朴大統領の妹の発言が物議」(ハンギョレ新聞)などと批判的に伝えており、同国のネットユーザーは「そのまま日本に移民しろ!」と猛反発しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ