ネパール大地震 世界遺産倒壊「歴史が崩れ落ちた」

 ネパール大地震では、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産となっている史跡も甚大な被害を受けた。政府とユネスコは10日までに、首都カトマンズと周辺地域で世界遺産の被害状況調査を開始。寺院など多くの建造物が倒壊し、元通りの修復は不可能との見方が強まっている。文化財を誇りとしてきた市民の間にも落胆が広がる。

 ネパールでは5世紀ごろから、ヒンズー教と仏教が混じり合う独自の文化が形成された。標高約1300メートルのカトマンズ盆地には、主に15~18世紀に建てられた歴史的建造物が残り、多くの観光客を魅了してきた。

 ユネスコは盆地にある、カトマンズ、パタン、バクタプルの3つの古都と、チャングナラヤンなど4つの寺院を世界遺産としている。

 ネパール最古のヒンズー寺院とされるチャングナラヤンは、地震で建物の四隅が全て大きく傾き、外側から木材などで支えている状態だ。調査に訪れた文化観光・航空省のアルナ・ナカルミさんは「放置すれば倒壊する。応急処置は施したが、余震が来ればどうなるか分からない」と話す。

次ページ死者8100人超す

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ