北朝鮮情勢 核弾頭20個保有か、来年「40個」にも 米紙が中国機関の分析紹介

 【ニューヨーク=黒沢潤】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は22日、中国の専門家の話として、北朝鮮が昨年末時点で、20個の核弾頭を保有している可能性があると報じた。来年末までに計40個保有する可能性もあるという。

 中国外務省系のシンクタンク「中国国際問題研究所」で2月に行われた米専門家らとの非公開会合で、中国のウラン濃縮専門家が指摘したという。米側は、保有数は10~16個と分析していた。

 中国側はこれまで、核弾頭の保有数は多くないとの見方を示していたというが、同紙は「中国側の(新たな)見方は、北朝鮮の核兵器計画に関して、中国が懸念を増大させていることを反映したものだ」と指摘している。

 北朝鮮・寧辺(ニョンビョン)のウラン濃縮施設をかつて視察し、今回の非公開会合に参加したジーグフリード・ヘッカー米スタンフォード大教授(元米ロスアラモス国立研究所長)は同紙に、北朝鮮の保有数は最大12個だとした上で、「完全に核兵器を持ち、抑止力が高まるようなことになれば、彼らを引き戻させるのはより困難になる」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ