自慢のOB「故・徐才厚」を口をきわめて罵倒する『解放軍報』の「粛清怖し」

 【矢板明夫の目】

 昨年3月に失脚した中国の徐才厚(じょ・さいこう)・前中央軍事委員会副主席が15日にぼうこうがんのため死去した。71歳だった。中国の官製メディアは「罪深き人生が終わった」「死んでも罪は消えない」などと徐氏を批判し続けている。中でも厳しかったのは、徐氏が生前に社長を務めたことがある「解放軍報」だ。「徐才厚が残した毒をわれわれが全力で除かなければならない」などとする批判キャンペーンを展開し、習近平指導部に忠誠を誓う姿勢を打ち出した。

 ■「病亡」の表現で見下す

 「人民日報」などの官製メディアは、徐氏の死去を伝える際に「病亡」という表現を使った。中国の場合は、生前の政治的地位に応じて死を表現する言葉を使い分けている。

 毛沢東(1893~1976年)、トウ小平(1904~97年)クラスの国家指導者は「逝世」、その他の指導者は「病逝」、芸能人やスポーツ選手の場合は「去世」という。「病亡」は死者を見下すニュアンスがあり、政治犯が死去した時にだけ使われる。1990年代まで、文化大革命後に失脚した王洪文・元共産党副主席(1935~92年)などが死去した時にも「病亡」は使われたが、最近はあまり見かけなくなった。

 巨額の収賄などの経済問題で党の規律部門で調査を受けた徐氏だが、死去に伴い不起訴処分となっている。厳密に言うと犯罪者と確定したわけではないが、「病亡」という表現が使われたことで、徐氏は共産党内で「政治犯」と見なされていることがうかがえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ