「空母キラー」など就役、台湾 馬総統、潜水艦建造にも「絶対の自信」

 【高雄=田中靖人】台湾海軍の艦艇で最大となる補給艦「磐石」(満載排水量約2万トン)など2隻の就役式が31日、南部・高雄の海軍基地で行われた。2隻はいずれも台湾の自主建造艦。出席した馬英九総統は、将来の潜水艦の自主建造にも意欲を示した。

 磐石は、全長196メートルで、航続距離約8千カイリ(約1万5千キロ)。弾薬や燃料の補給で南シナ海などへの航海を支援するほか、医療設備やヘリコプターの格納庫を備え、人道支援にも活用できる。

 この日は、「空母キラー」と呼ばれる高速コルベット艦「沱江(だこう)」(同約500トン)も就役。埠頭(ふとう)には「光華6号」級ミサイル艇や海岸巡防署(海上保安庁に相当)の巡視船など自主建造の艦船計6隻が並んだ。馬総統は海軍と海岸巡防署の連携強化を強調し、潜水艦建造に向け「決心と絶対の自信」を表明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ