イスラム国殺害脅迫 「いつもスリル求めていた」 湯川さんを戦場に駆り立てたものは:イザ!

2015.1.25 21:10

イスラム国殺害脅迫 「いつもスリル求めていた」 湯川さんを戦場に駆り立てたものは

 民間軍事会社と称する会社を設立し、「死ぬ覚悟が出来ている」と、紛争地域に向かった湯川遥菜(はるな)さん。湯川さんを知る人物の話や卒業文集からは、おとなしさの中、銃器への興味がにじむ少年時代がうかがえる。湯川さんはどのように、戦場に駆り立てられていったのか。

 ■中学時代、サバイバルゲームの思い出

 「色白でおとなしい、とてもいい子。銃などに興味があったことに驚いた」

 小学生時代の湯川さんを知る近所の無職男性(76)はこう打ち明ける。当時は湯川さんらを連れて、富士山に行き、おんぶしたこともあったと振り返る。

 ただ、中学校の卒業文集では、ライフル型の枠内にサバイバルゲームに興じた夏の思い出を書いた。同級生だった女性(42)は「目立つタイプではなかったが、いつもにこにこ笑って、仲良しグループのまとめ役だった」と話した。

 平成25年秋に記したブログで湯川さんは「いつも生きている実感が欲しいと言うか、スリルみたいなものを求めていた」と心中を吐露。自らを「旅人」と称し、ミリタリーショップ経営のほか、銃器メーカーの見本市で訪米したことなどをつづった。

 ■AK47を撃ち「死ぬ覚悟、出来ている」

 紛争地域での護衛などを業務に掲げ、民間軍事会社と称する「ピーエムシー」を設立したのは26年1月。最高経営責任者(CEO)に就いた。

 「インドやアフリカに警備会社の支店を置きたいと言っていたが、シリアに行くというのは26年4月に初めて聞き、驚いた」

関連まとめ