韓国ポテトチップ狂騒曲…「日本のパクリ」「竹島陰謀論」浮上:イザ!

2015.1.14 18:00

韓国ポテトチップ狂騒曲…「日本のパクリ」「竹島陰謀論」浮上

 韓国メディアは、「わが国では入手できないハニーバターチップが、日本のコンビニに山積にされている」と伝えた。ほぼ同じ味が入手できると、韓国の“ハニーバター難民”たちが、日本のしあわせバターに熱いまなざしを向け始めた。

 韓国紙、ソウル新聞は、東京発の報道で、日本への韓国人旅行客や留学生らがしあわせバターを買い求めようとする一方、日本でも品薄状態が生じているもようを伝えている。

 ハニーバター難民が、日本在住の知人らに、しあわせバターのまとめ買いを依頼したり、日本のオンラインショッピングで大量注文したりする現象も起き、韓国のネット上で高値で転売する猛者もいるという。

■オリジナル? いえ「日本がベースです」…悲しき日本隠し

 ハニーバターチップと、しあわせバターを食べ比べた人たちの感想では、双方、ハチミツとバター風味が決め手であり、「日本版」は隠し味にチーズを使っているなど、少しの違いを除いてほぼ同じ味だという。

 それでも、ヘテ側は韓国紙に「全世界の200~300余りのポテトチップ製品を参考にしており、しあわせバターは参考の一つに過ぎず、剽窃(ひょうせつ)ではない」と断固として韓国オリジナルの味だとの姿勢を崩していない。

 しあわせバターは2009年にテスト販売され、11年以降、冬季限定商品として販売されてきた。発売元のカルビー広報部に取材すると、「しあわせバターが先にあり、ハニーバターチップは、それをベースに開発したもの。ヘテ製菓がシーズニング(調味)をアレンジした」との答えが返ってきた。

 両者を味比べした韓国人らが日本が「元祖」と感じているように、純粋に「韓国オリジナル」と主張するには無理があり、「日本生まれの味」と理解した方が自然なようだ。

関連まとめ