【直球&曲球】韓国政府は祈っているだけ…海洋警察、海軍だけではムリ:イザ!

2014.5.1 13:17

【直球&曲球】韓国政府は祈っているだけ…海洋警察、海軍だけではムリ

 目を覆いたくなる惨状である。今もあの暗い船内で多くの高校生が閉じ込められたままである。父母の悲痛、焦燥は察するにあまりある。

 不肖・宮嶋、日本人である。3年前の東日本大震災直後、2万人近い日本人が死亡・行方不明となり、原発事故にのたうち回っている最中に「ザマをみろ」など「天罰や」だのとハシャいだ民族とは違うのである。

 今日の悲劇が韓国人の手で起こされ、韓国人が犠牲になったとはいえ、いまだ東日本大震災で3千人近い行方不明者が見つからぬ日本人としては、心から一日も早い発見を祈るばかりである。

 しかし、韓国政府は祈っているだけやとアカンやろ。死に直面した多くの行方不明者を海に沈んだ客船から救い出すのは、韓国の海洋警察、海軍の人材、機材だけではどうのたうち回って考えてもムリである。

 韓国は「陸軍国」である。ベトナム戦争で住民を殺しまくり、村を焼き尽くし、現地人女性に混血児を産ませた部隊の悪名もとどろき渡っている。朝鮮戦争で実戦経験も豊富や。それに対し、海軍はお寒い限り、満を持した日本への嫌がらせ「潜水艦・安重根」はいまだ動けず、これまた日本への嫌がらせで11年前に進水した、強襲揚陸艦「ドクト(竹島のおぞましい韓国読みや!)」もいまだ艦載ヘリが決まらず、2番艦さえ建造されとらんのである。

関連ニュース