安倍首相靖国参拝 中国外務省が強い憤り「人類の良識に挑戦」

 【北京=川越一】中国外務省の秦剛報道官は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について、「中国政府は、日本の指導者が粗暴にも中国とその他のアジアの被害国の国民の感情を踏みにじり、公然と歴史の正義と人類の良識に挑戦した行動に強い憤りを示す」などとする談話を発表し、日本を非難するとともに、日本政府に強く抗議すると表明した。

 秦報道官は、「靖国神社は日本の軍国主義が対外的に行ってきた侵略戦争の象徴だ」とする従来の主張を繰り返し、今回の参拝を「侵略と植民地統治を美化し、国際社会の日本の軍国主義に対する正義の審判を覆そうと企んでいる」などと位置づけた。

 さらに、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる問題で、「日中関係が深刻な困難に直面している」と指摘。安全保障領域で日本が「中国脅威論」を煽り、中国の利益を損ねていると主張した上で、今回の参拝が「両国関係の改善・発展に、新たな政治的障害をもたらす。日本側はこれにより生じる一切の責任を負うべきである」と警告した。

 中国国営新華社通信は同日、安倍首相の靖国神社参拝を速報。「安倍首相が就任1年に合わせ、日本の保守層の支持を得るために参拝を決めた」、「中国や韓国との関係に影を落とすだろう」とする日本メディアの分析を伝えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ