羽生は銀、宇野4位 チェン連覇、世界最高323.42点 世界フィギュア

前の写真へ
世界フィギュア 羽生結弦のフリーの演技=23日、さいたまスーパーアリーナ(中井誠撮影)

世界フィギュア 羽生結弦のフリーの演技=23日、さいたまスーパーアリーナ(中井誠撮影)

 フィギュアスケートの世界選手権最終日は23日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)がフリー2位の206.10点をマークし、合計300.97点で日本勢最高の2位に入った。SP首位のネーサン・チェン(米国)がフリー1位の216.02点を叩きだし、現行ルールで世界最高の合計323.42点で大会連覇を果たした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ