青学大、史上6校目の総合4連覇!山下り6区で東洋大逆転 「ハーモニー大作戦」完結 箱根駅伝

前の写真へ
東洋大を抜き、首位で小田原中継所に入る青山学院大6区・小野田勇次=神奈川県小田原市(撮影・早坂洋祐

東洋大を抜き、首位で小田原中継所に入る青山学院大6区・小野田勇次=神奈川県小田原市(撮影・早坂洋祐

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町109・6キロ)関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、青学大が10時間57分39秒で史上6校目の総合4連覇を飾った。往路優勝の東洋大から36秒差でスタート。3年連続で山下りの6区(20・8キロ)を任された小野田勇次(3年)が15キロ過ぎで逆転し首位に浮上すると、その後は一度もトップを譲ることなく、独走状態で大手町のフィニッシュテープを切った。(タイムは速報値)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ