「タカマツ」に続くか 日本男子ダブルスに「イノカネ」現る 結成11年目の微妙な関係

前の写真へ
次の写真へ
「オグシオ」の小椋(右)、潮田組はバドミントンの一大ブームをつくった

「オグシオ」の小椋(右)、潮田組はバドミントンの一大ブームをつくった

 世界選手権で過去最多となる4個のメダルを獲得するなど、波に乗るバドミントン界にニューヒーローが現れた。9月に行われたジャパン・オープン男子ダブルスで井上拓斗(22)、金子祐樹(23)組が格上を次々と倒して準優勝を果たした。結成11年目のベテランペアだが、取材時に流れる2人の雰囲気が何ともいえないのだ。「仲がいいとはいえない」と苦笑いする“微妙な”関係性とは-。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ