稀勢の里、九州場所へ『復活』宣言「いい相撲をみせられると思う」

地元で元気な姿を披露した稀勢の里(右)。左は太刀持ちの松鳳山

地元で元気な姿を披露した稀勢の里(右)。左は太刀持ちの松鳳山

 大相撲の横綱稀勢の里(31)は29日、11月の九州場所(12日初日、福岡国際センター)での「復活」を宣言した。5月の夏場所、7月の名古屋場所を途中休場。さきの秋場所では初土俵以来初めて15日間の全休を経験し、3場所連続休場となった。九州場所に出場すれば、結果責任も問われかねない緊迫感も募る。横綱はこの日、茨城・笠間市の笠間稲荷神社で横綱土俵入りを行い、再起へ向け力強い姿を披露した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ