最多に並ぶ107号 節目の一発にスタンド沸く 清宮選手に「すごい」

前の写真へ
次の写真へ
【高校野球 西東京大会 準決勝 八王子対早稲田実業】七回、高校通算107号の本塁打を放ち、ベンチに迎えられる早実・清宮幸太郎=東京都新宿区(撮影・加藤圭祐)

【高校野球 西東京大会 準決勝 八王子対早稲田実業】七回、高校通算107号の本塁打を放ち、ベンチに迎えられる早実・清宮幸太郎=東京都新宿区(撮影・加藤圭祐)

 節目の一発に、ファンで埋まった神宮のスタンドが沸いた。28日、東京都新宿区の神宮球場で行われた全国高校野球選手権の西東京大会準決勝。早実・清宮幸太郎選手が高校通算107号本塁打を放ち、対戦相手の八王子学園八王子の卒業生で観戦に訪れた佐藤壮さんは「すごいとしか言いようがない。見事なライナーだった」と感心しきりだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ