元西武、相内誠が格闘技「RISE」で来年2月28日にデビューへ

 プロ野球の西武を今季限りで現役を引退し、格闘家に転身した元投手の相内誠(26)が、来年2月28日、立ち技打撃格闘技「RISE」でデビューすることが決まった。

 25日に会見に臨んだ相内は、「野球をやっていた人間がいきなり格闘界に入って『なめるなよ』と言われると思うが、それも当然。デビュー戦は勝ちにこだわりたい」と意欲を示した。65キロ級で出場する(身長は185センチ)。

 相内は千葉国際高から2012年にドラフト2位で西武入りし、プロ通算0勝7敗。格闘技は全くの初心者ではなく「憧れの先輩がキックボクシングをやっていて、高校生のときは野球メインで、格闘技もちょこちょこやっていた」と驚きの告白。

 「どこの業界でも、ワンチャンスをものにすると生き残っていける。頂点に立ち、ベルトを腰に巻きたい。必死こいて頑張りたい」と目をぎらつかせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ