中日・溝脇が1軍昇格 29日に堂上が故障離脱

 中日・溝脇隼人内野手(26)が30日、1軍に昇格した。

 溝脇は3月21日の広島との練習試合(マツダ)前の練習中に右脇腹を痛め、「右内腹斜筋筋膜損傷」で離脱していた。

 チームでは堂上直倫内野手(31)が28日の広島戦(ナゴヤドーム)での打席で右肩を痛め、29日に「腱板不全損傷」と診断されて登録を抹消。開幕戦では延長十回に決勝犠飛を放つなど勝負強さを見せていた男が戦線から離れたなか、溝脇には穴を埋める活躍に期待がかかる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ