本田が先発、主将務める ボタフォゴが再開初戦

 サッカーのリオデジャネイロ州選手権で本田圭佑が所属するボタフォゴは28日、新型コロナウイルスの影響による中断が明けた再開初戦でカボフリエンセと対戦し、本田は先発出場して主将も務めた。ボタフォゴにとって約3カ月半ぶりの公式戦は五輪スタジアムで、無観客で行われた。

 本田は中断直前の3月15日に行われたバングー戦でデビューし、PKで初得点した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ