阿部一二三「順調にきた」 柔道代表が独の選考大会へ出発

 東京五輪代表選考会の一つ、柔道のグランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会(21~23日)に出場する日本代表が17日、出発前に成田空港で取材に応じ、男子66キロ級の阿部一二三(日体大)は「すごく大事な大会。順調にここまできた」と力強く語った。

 一昨年まで世界選手権2連覇の阿部だが、代表争いでは昨年世界王者の丸山城志郎(ミキハウス)を追う立場。今大会は丸山の欠場で差を詰めるチャンスが訪れた。「自分のやることは一つ。圧倒的な柔道を見せて優勝したい」と意気込んだ。

 女子52キロ級で世界選手権2連覇の阿部詩(日体大)は早期代表入りを意識しつつ「いつもと変わらず、自分の柔道を出し切るだけ」と気合十分。男子60キロ級で元世界王者の高藤直寿(パーク24)は「ベストコンディションに仕上げた。ここで決めたい」と言い切った。

 五輪代表選考は第2段階。全日本柔道連盟は今大会終了後の27日に強化委員会を開き、代表決定選手を協議する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ