ラグビーW杯戦士も尚弥の闘いに興奮 松島「鳥肌が立った」中村「刺激受けた」

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝(7日、さいたまスーパーアリーナ)で、WBA、IBF世界王者の井上尚弥(26)=大橋=がWBA世界スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=に3-0で判定勝ち。キャリア20年の5階級王者を倒し、ムハマド・アリ・トロフィーを手にした

 2日に閉幕したラグビーW杯日本大会で、初のベスト8入りを果たした日本代表のWTB松島幸太朗とCTB中村亮土が尚弥の死闘をリングサイドで見届けた。

 両者ともボクシングを会場で生観戦するのは初めてで、松島は「試合の途中も鳥肌が立って、競技で初めてのめり込んで見ました」と興奮した様子。中村も「すごく感動しました。尚弥選手は一番尊敬するアスリート。同じ日本人が世界で闘っていて、刺激を受けました」と声を弾ませた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ