ラグビーW杯12日の2試合中止 13日は当日朝に決定

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は10日、大型で猛烈な台風19号が接近する影響で、12日に予定されているイングランド-フランス(横浜・日産スタジアム)とニュージーランド-イタリア(愛知・豊田スタジアム)の1次リーグ2試合を中止にすると発表した。過去のW杯で試合が中止や順延となった例はなく、初めて。

 中止によって、いずれの試合も引き分け扱いとなり、両チームに勝ち点2が加算される。これにより、B組はニュージーランドが1位で8強入りし、イタリアの1次リーグ敗退が決まった。C組はイングランドが1位、フランスが2位で決勝トーナメントに進む。

 1次リーグ最終日の13日の日本-スコットランド(日産スタジアム)など4試合については、台風通過後、それぞれの会場で安全性を判断。当日朝に試合の可否を決めるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ