阪神・近本、14打席ぶり安打 左肘死球の影響なし

 阪神のD1位・近本光司外野手(大阪ガス)が12日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で三回2死一塁から右前打。8日の日本ハム戦以来14打席ぶりの安打となった。前日(11日)の延長十二回に左肘に死球を受けて、心配されたが「思ったよりも影響はないです。打撲みたいな感じですね」。打率はまた少し下がって・297だが、七回には追加点に結びつく送りバントも決め、守備も安定。プレーには問題なさそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ