東都大学野球・中大が勝ち点3に 森下の3ランで逆転

 東都大学野球春季リーグ戦は16日、東京・神宮球場で亜大-中大4回戦を行い、中大が6-3で亜大を下し、2勝1敗1分けで勝ち点を2に伸ばした。

 二回に中大が2点を先行したが、亜大が五回1死一、三塁で2番・山本卓弥外野手(4年)が右越え3ランを放ち逆転。中大は六回1死一、二塁で5番・森下翔太外野手(1年)の左越え3ランで再びリードを奪い、七回にも暴投などで1点を加え、3投手の継投で抑え切った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ