17Kの星稜・奥川をスカウト陣絶賛「春先なのに言うことなし」/センバツ

 第91回選抜高校野球大会は23日、甲子園球場で開幕して1回戦3試合が行われ、星稜(石川)は履正社(大阪)に3-0で勝利し、初戦突破。今秋のドラフト1位指名候補・奥川恭伸投手(3年)が強力打線を相手に毎回の17奪三振、3安打完封と好投した。星稜は、きょう24日に行われる日章学園(宮崎)-習志野(千葉)の勝者と、28日の2回戦で対戦する。

 優勝候補として帰ってきた聖地の中心で、観客の視線を独り占めにした。星稜エース・奥川が散発3安打、自己最多で毎回の17K完封。最後の九回は1死一、三塁で相手4番・井上を投ゴロ併殺に打ち取り、力強く拳を握った。

 「まずはストレートが基本。どんどん押していこうと思って初回から飛ばそうと決めていた」

 鼓動の高鳴りを抑えるように腕を振りしきる。一回の先頭打者に対して149キロから入り、エンジン全開。4球目であっさりと自己最速となる151キロを計時してどよめきを巻き起こす。天下一品の直球に加えて、さえ渡るスライダーは鬼に金棒。五回まではや10奪三振と寄せつけなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ