巨人・上原、今季1軍初登板は1回2安打1失点

 巨人・上原浩治投手(43)が23日、ロッテとのオープン戦(東京ドーム)の四回から2番手として登板。1回17球を投げ、2安打1失点だった。

 「まずは投げることが大事だったので。取られたくなかったですけど、点を取られて残念ですね」

 昨年10月に左膝のクリーニング手術を受け、今季初めての1軍登板となった上原。先頭・中村に右中間二塁打を浴びると、続く井上にはカウント0-2と追い込んでから、123キロのフォークを中前適時打とされた。その後は後続を3人で抑え、レアードからは空振り三振も奪った。

 開幕1軍へ向けて、まだ諦めてはいない。「まずはそこ(開幕1軍)を目標にしている。一日一日目標を作ってやっているので」と上原。4月3日に44歳を迎えるベテランは、一歩一歩前に進む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ