ヤクルト“オープン戦史上初”の大入りのウラに…カープファン占拠問題!?

 神宮球場のオープン戦としては異例の「大入り袋」が関係者に配られた。ヤクルトが広島と7-7で引き分けた21日の一戦に、祝日とあって2万5421人が詰めかけた。

 昨年3月18日のソフトバンク戦にも2万5137人が来場したが、同日は試合後に「出陣式」があり、ファンクラブ会員は招待券で入場できた。球団幹部は「実際に売れたチケットの枚数は比べものにならない。昔の記録は残っていないが、大入りが出たのは初めてだと思う」と証言。1970年に入社した古参の営業担当者も「オープン戦でこんなに入ったのは見たことがない」と語っており、球団史上初のオープン戦大入りとみて、まず間違いない。

 観客増に勝るものはないが、ヤクルト側の外野自由席は売れ残り、半数以上は広島ファン。スタンドが真っ赤に染まったのは皮肉だ。

 近年は公式戦でも、広島ファンが神宮の一塁側まで押し寄せており、一昨年6月のヤクルト本社の株主総会で株主が「広島ファンのマナーが悪い。点が入ると立ち上がって歌って座らない」と訴えたほど。神宮のカープファン“占拠問題”は深刻化している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ