ジャンプ高梨沙羅がW杯へ渡欧「内容重視して過ごしたい」

 ノルディックスキーのジャンプ女子で平昌冬季五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が8日、今月下旬に開幕するワールドカップ(W杯)に向けて渡欧前に成田空港で取材に応じ「できるだけ結果を残したいが、内容を重視して1年を過ごしたい」と抱負を述べた。

 2日の試合で痛めた右膝は「少しずつ良くなってきている」と言う。昨季は通算勝利数を男女通じて単独最多の55に伸ばしたが、個人総合優勝は逃した。タイトル奪回を目指し、まずはフィンランドで合宿を行う予定で「初戦に向けて体づくりから始め、いい状態にしていければ」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ