G岡本は将来の4番!稲葉J、巨人の星を“青田買い”初選出

 日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(46)が10日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で会見し、今秋に4年ぶりに開催される日米野球(11月9日開幕、東京、広島、名古屋)全6試合を戦うメンバー28選手を発表した。今季、史上最年少の100打点を達成するなど巨人の4番として活躍した岡本和真内野手(22)が代表初選出。指揮官は2020年東京五輪の4番候補としても期待した。

 待望の初選出だ。岡本が、米大リーグ(MLB)オールスターチームと激突する侍ジャパンのメンバーに名を連ねた。

 「非常に成長した選手。ジャイアンツの4番を任され、結果を残し、精神的にも強さを持っていると感じた」

 会見した稲葉監督の口調が自然と熱を帯びた。今回の代表では22歳で最年少。プロ4年目の今季は6月から巨人で4番を守り続け、史上最年少で「3割、30本塁打、100打点」もクリアしてチームをCS進出に導くなど飛躍の年となった。

 代表の三塁手は現在、絶対的な選手が不在で、大きなチャンスだ。一、三塁と左翼を守れるのはユーティリティー性を重視する指揮官の方針にも合う。岡本は「驚きましたが、選んでいただき大変光栄です。今の自分がどこまで通用するかとても楽しみ」と喜んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ