DeNA・パットンに退場宣告 グラブを地面にたたきつけ激高

 (セ・リーグ、DeNA-巨人、22回戦、14日、横浜)DeNAのスペンサー・パットン投手(30)が退場を宣告された。

 4-2とDeNAリードで迎えた八回一死二塁。パットンの投球が打席の岡本の右手に直撃。悶絶した岡本はトレーナーに付き添われてベンチへ。治療を受け、交代かとも思われたが、再びグラウンドに姿を現し、死球の判定で一塁走者となった。

 すると、パットンは岡本がスイングしたと抗議。審判団がリプレー検証を実施。数分後に改めて死球と判定されると、パットンは審判に詰め寄り、味方のコーチや選手になだめられる中、グラブを地面にたたきつけるなど激高。退場を言い渡され、ベンチへ下がった。

8回、打者・岡本の死球に関してのリクエストの結果に激高し、退場を宣告されたDeNA・パットン(左)=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)

8回、打者・岡本の死球に関してのリクエストの結果に激高し、退場を宣告されたDeNA・パットン(左)=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ