「ブラバン」甲子園のもう一つの魅力 第100回大会を彩ったアルプス応援

【関西の議論】

 熱戦を繰り広げた第100回全国高校野球選手権大会。真剣勝負はグラウンド上にとどまらず、アルプス席の吹奏楽応援も熱を帯びた。定番曲からオリジナル曲まで、時代ごとに形を変えながら数々の名場面を彩ってきた吹奏楽応援。なぜ多くの甲子園ファンを魅了し、高校野球に欠かせない存在となったのか。この夏話題となった応援を振り返りながら、その魅力に迫った。(桑村大)

 絶対王者を支えた

 8月21日、決勝を迎えた阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)。大阪桐蔭(大阪)の三塁側アルプス席では、春夏連覇を後押しする吹奏楽部員170人が一糸乱れぬ演奏を続けた。

 同部は、全日本吹奏楽コンクールなどで何度も金賞を受賞している名門。吹奏楽の分野でも「王者」なのだ。「どこよりも早く新曲を取り入れるのが大阪桐蔭の応援の特徴」という部長の前田梨緒さん(18)の言葉通り、今夏も音楽グループ「DA PUMP」のヒット曲『U・S・A』や、福山雅治さんが作詞・作曲したNHKの今大会テーマソング『甲子園』など、数多くの新曲を演奏してスタンドを盛り上げた。

 指揮棒を振る梅田隆司監督(66)は「選手も知っている曲で応援される方が喜んでくれる。リクエスト曲はもちろん、選手が普段口ずさんでいる曲も取り入れている」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ