錦織、日本男子85年ぶり4強ならず…ジョコに13連敗「常に走らされた」 ウィンブルドン

 テニス・ウィンブルドン選手権第9日(11日、英国・ウィンブルドン)男子単準々決勝で第24シードの錦織圭(28)=日清食品=は第12シードで元世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=に3-6、6-3、2-6、2-6で敗れ、日本男子で1933年の佐藤次郎以来85年ぶりとなる準決勝進出を逃した。ジョコビッチ戦は13連敗となり、通算2勝14敗となった。

 鉢巻きを外し、世界28位の錦織は足元の芝生に目をやった。勝負の流れが行き来する熱戦は、1-3でゲームセット。大きく負け越している世界21位のジョコビッチに、またもはね返された。

 「プレー内容は悪くはなかったが、やっぱり何かが足らないんだろうし、ジョコビッチを最後まで崩せなかった」

 自身10度目のウィンブルドン。股抜きショットや改良したサービスで元世界ランク1位を翻弄した。第2セットを奪い返したが、第3セットの第5ゲームでジョコビッチのサーブを攻めて40-0とブレークチャンスを得ながら、ショットのミスが重なって連続失点。このゲームを落とし、流れを手放した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ