錦織、ジョコビッチに13連敗 佐藤次郎以来85年ぶりの準決勝ならず ウィンブルドン

 テニス・ウィンブルドン選手権第9日(11日、オールイングランド・クラブ)男子シングルス準々決勝で第24シードの錦織圭(28)=日清食品=が、元世界ランキング1位の難敵ノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=に3-6、6-3、2-6、2-6で敗れ、同種目の日本勢で1933年大会4強の佐藤次郎以来、85年ぶりとなる準決勝進出はならなかった。

 ベスト4の壁は高かった。芝コートで初対決となったウィンブルドンで過去3度の優勝を誇るジョコビッチに完敗。自身の棄権を挟んで13連敗となり、通算2勝14敗となった。

 第1セット、錦織は第4ゲームをブレークされ1-3とされたが、続く第5ゲームで股抜きリターンからのパッシングショットを決め、ブレークバックし2-3。しかし第8ゲームで再びブレークを許し、ジョコビッチにこのセットを先取された。

 第2セットは第3ゲーム、0-40からキープして勢いに乗ると、続く第4ゲームでブレークに成功。その後も主導権を握り、このセットを奪った。

 第3セットの第5ゲーム、錦織は3度のブレークポイントを生かせず。続く第6ゲームをブレークされ2-4とされると第8ゲームでも再びブレークを奪われ、このセットを落とし、リードを許した。

 第4セットは第1ゲームをブレークしたが、続く第2ゲームでジョコビッチがすぐさまブレークバック。第4ゲームでも再びブレークを許し、1-3とリードを広げられると、錦織に反撃する力は残っていなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ