イチローの「お仕事」に熱視線 早出練習の打撃投手 岩隈久志の指南役は延期

 【大リーグ通信】

 マリナーズのイチローが今季残り試合に出場せず球団会長付特別補佐に就任したのが5月2日のこと。以来、1カ月以上が経過した。現役を引退したわけではないので、打撃練習などトレーニングはこれまで通り行い、遠征にも同行している。では今、いったいどんな仕事をしているのか。

 イチローは試合に出ていた頃と同様のルーティンワークをこなし、プレーボール直前までは選手時代と変わりはない。新たな仕事の具体的な中身は、なかなか表に出てきていないようだが、MLBの公式ホームページ(HP)には時々「注目の価値あり」としてその一端が掲載される。

 「6月5日、ヒューストンでのアストロズ戦前の早出打撃練習でイチローが打撃投手を務めた」。3人の打者相手に100球ほど投げたという。イチローは「初めてにしてはまずまずだったかな。誰も見ていないところで投球練習している。打者が望むのなら毎日でも投げるよ」と、新たな任務にまんざらでもない表情だったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ