日本ハムD1・清宮は3打数無安打「全然だめでした」

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(19)=早実高=が12日、イースタン・リーグ、楽天戦(仙台森林どり泉)に「3番・左翼」で先発出場。3打数無安打1四球で3試合ぶりにヒットなしに終わった。

 楽天の先発・塩見に緩急をうまく使われ、空振り三振、投ゴロ、空振り三振といいところなし。九回の第4打席では小野から四球を選んだが、「全然だめでした。(ボールとの)距離感が合わなかった。最後の方はだんだん見えてきたけど、もったいなかった」と唇をかんだ。

 荒木大輔2軍監督はプロの左腕を打ちあぐねた清宮について「1軍のローテーション級の投手。そんな簡単には打てない。本人も分からないうちに振らされていた」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ