猛練習と巧みな人心掌握…A東京をBリーグ初Vに導いた「聖徳太子の目」

 【スポーツ異聞】

 バスケットボール男子のBリーグは、5月26日のチャンピオンシップ(プレーオフ)決勝でA東京が千葉を85-60で破り、2代目の王座についた。決勝で光ったのは今季磨いてきた堅守。その背景には厳しい練習を課しながらも、選手からの厚い信頼を得たルカ・パビチェビッチ監督(49)の手腕があった。

 Bリーグ史上最多となる1万2005人の大観衆で埋まった横浜アリーナでの決勝は、A東京の独壇場だった。しつこい守りで千葉の得意とする速攻をほとんど出させず、ボールを奪った後は堅実に得点を重ねて点差を広げた。チーム2番目の15得点を挙げた田中大貴(26)も「こんなに開くとは正直思っていなかった」と振り返る大差の勝利で、東地区1位の座を譲った相手に「雪辱」した。

 レギュラーシーズンの成績は昨季と同じ44勝16敗。だが中身は大きく変わった。昨季は鮮やかなプレーで観衆を魅了した元NBA選手のディアンテ・ギャレット(29)に象徴されるように、個人技に頼りがちな面もあった。今季はボール保持者の近くで味方が「壁」を作り、マークを遅らせる「ピック・アンド・ロール」を多用した攻撃の連係を徹底。守備でも1対1の強さをベースに、リーグ終盤には連動性も磨いた。

 失点は昨季より143点も少ない4265点。リーグ最少は西地区1位の琉球(4064点)だったが、6チーム中4チームがチャンピオンシップに進んだ東地区と、2チームが2部(B2)に降格した西地区との“格差”を考えれば、間違いなくリーグナンバーワンの守備力を築き上げたといえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ